本文へジャンプ
トップページへ

図書館の概要ページへ

利用案内ページへ

お知らせページへ

予約の方法ページへ

蔵書検索ページへ

新着資料ページへ

利用照会ページへ

貸出ベストページへ

予約ベストページへ

図書館カレンダーページへ

携帯サイトの情報ページへ

ボランティア募集ページへ

雑誌スポンサー募集ページへ

うちどくページへ

学校関係ページへ

視聴覚センターページへ


おはなしの木
ここから本文 大洲市立図書館の写真
新着情報
最終更新日:令和3年1月15日
令和3年1月15日New!
●特別整理期間のお知らせ
特別整理期間のため、次の日程にて各図書館を休館させていただきます。
長浜 2月16日(火)〜2月18日(木)
河辺 2月24日(水)〜2月26日(金)
肱川 3月 5日(金)〜3月 7日(日)
大洲 3月 9日(火)〜3月14日(日)


※休館中の本の返却は、返却ポストをご利用ください。
ただし、CD・DVDは、返却ポストに入れずに、特別整理期間終了後にカウンターへ直接お持ちください。
(特別整理期間となっていない他の館でも返却できます。)

【特別整理期間とは?】
図書館では、所蔵している約21万1千件の資料が今どうなっているのかを、コンピューターで管理しています。 みなさんも「図書館で探している本が、あるはずなのに見つからない」という経験をしたことがあると思います。
その整理のために、図書館が所蔵している資料(本・雑誌・AV資料など)の点検作業を行う期間を、特別整理期間と言います。 市民のみなさんの貴重な財産であるこれらの資料がなくなっていないか、実際に資料のある場所とデータが一致しているかなどを、 1件ずつ全て点検します。
特別整理期間は、市民のみなさんに図書館をより快適に利用していただくためには欠かせない期間です。
期間中、みなさんには大変ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いします。

令和3年1月12日New!
新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、以下のイベントを中止させていただきます。

大洲市立図書館
1月23日(土) ビブリオおはなし会
1月27日(水) 生涯学習講座(古文書解読講座)
1月30日(土) こども映画会

長浜分館
1月20日(水) 小さいおはなし会
1月26日(火)  〃

大洲市内で新型コロナウイルス感染者が確認されたことにより、感染拡大防止と利用者の皆さまの健康への影響を踏まえ、中止を決定しました。
参加を予定されていた皆さまには誠に申し訳ございませんが、ご理解いただきますようお願いいたします。

令和2年12月27日
★1月の新着資料のお知らせ★
新着本は月の最初の開館日と16日(休館の場合は翌日)の2回配架します。
1月は5日(火)と、16日(土)です。
12月中に受け入れた新着資料は、
一般図書:353冊
児童図書:362冊
C D:1本
です。詳しくは、 新着資料のページをごらんください。

令和2年12月20日
☆デジタル化資料送信サービス☆
国立国会図書館が配信する「デジタル化資料送信サービス」を、令和3年1月5日(火)より大洲市立図書館(東若宮)でご利用いただけるようになります。
  • 利用できる資料
           
    図書 昭和43年までに受け入れた図書、震災、災害関係資料の一部
    古典籍 明治期以降の貴重書等や清代後期以降の漢籍等
    雑誌 明治期以降に発行された雑誌(刊行後5年以上経過したもので、商業出版されていないもの)
    博士論文 平成3〜12年度に送付を受けた論文(商業出版されていないもの)
    脚本 日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムから寄贈された昭和55年以前の放送脚本(テレビ・ラジオ番組の脚本・台本)の一部
        
  • 利用方法
    大洲市立図書館の利用登録者であることが必要です。
    「国立国会図書館デジタル化資料送信サービス閲覧申込書」に必要事項をご記入のうえ、 ご自身の図書館利用者カードをお持ちになって、2階AVカウンターへお申し出ください。職員が確認後、番号札をお渡ししますので、指定する端末でご利用ください。
    端末のご利用は、原則、お一人60分以内でお願いします。ただし、次にお待ちの方がいない場合は、1回のみ延長することができます。
    資料の複写が必要な場合は、著作権法上の要件に適合しているものについて、職員が管理用端末で行います(A4サイズ・モノクロのみ 1複写10円)。 「国立国会図書館デジタル化資料送信サービス複写申込書」に必要事項をご記入のうえ、1階カウンターへお申し出ください。
  • 参考
    国立国会図書館「図書館向けデジタル化資料送信サービスについて」(外部リンク)

令和2年9月1日
〇大洲市立図書館(分館を含む)の休館日について〇
現在、大洲市立図書館では毎週月曜日を休館日としていますが、この月曜日の休館を見直してはどうかというご意見が寄せられました。
そこで、大洲市立図書館の休館日の在り方について多くのご意見やお考えを伺いたく、「図書館の休館日に関するアンケート」を実施いたしました。
その結果、

大洲市立図書館(分館を含む)の休館日は、これまで通り毎週月曜日とする。

ということに決定しました。
詳しくは、 こちらをごらんください。

令和2年8月13日
★令和2年度の受講生を募集しています!
◆古文書解読講座
「くずし字になれよう!〜江戸の和本を読書する〜」  
講師 山田 広志 学芸員(大洲市立博物館)
期日 7月22日(水)ほか全5回

◆文学・歴史講座
「愛媛鉄道と県内の私鉄史」ほか
講師 岡崎 直司 先生(近代化遺産活用アドバイザー)
期日 8月26日(水)ほか全2回

「古代史書の説話を楽しむ」
講師 山田 広志 学芸員(大洲市立博物館)
期日 2月24日(水)

【場 所】 大洲市総合福祉センター 4階 多目的ホール
 ※10月28日のみ、大洲隣保館 2階 大ホール
【時 間】 午前9時50分〜11時25分
【受講料】 無料
【申し込み・問い合わせ先】
大洲市立図書館 電話:0893-59-4111
(当日参加申込もできます。定員:50人)
詳しくは、こちらをご覧ください。⇒ 「生涯学習講座予定表」

●受講にあたってのお願い
@マスク着用等の咳エチケットにご協力ください。
A発熱や軽度の咳・咽頭痛などの症状のある方は、受講をご遠慮ください。
B当日参加者のお名前・簡単なご住所・ご連絡先電話番号を会場事務局に提出します。ご了承ください。

令和2年7月8日
☆蔵書検索のページが新しくなりました☆
先日のシステム更新により、デザインが一新され、本の画像が表示されるようになりました。
また、My本棚の機能が追加されました。
この機能を使うと、借りた本の履歴を保存したり、これから読みたい本のリストを保存したりすることができます。
詳しくは、 こちらをごらんください。

令和2年5月5日
☆雑誌スポンサーについて

大洲市立図書館では、平成26年4月から「雑誌スポンサー制度」を開始しており、令和2年度は7事業所様から雑誌を7誌提供いただいています。
この制度は、スポンサーに雑誌の購入費用を負担していただき、提供していただいた最新号の雑誌カバーにスポンサー名を表示し、広告チラシの掲載を行うものです。
図書館には、市内及び隣接市町から年間約12万人以上の来館者があり、雑誌は回転率・利用率も高く多くの人の目に留まり広告効果が高いものと考えられます。また、さまざまなジャンルの雑誌を揃えていますので、そのジャンルに関心の高い層にターゲットを絞った広告を行うことも可能であると思われます。
雑誌スポンサーは随時募集していますので、お気軽にご相談ください。

雑誌スポンサーと提供雑誌は次のとおりです。(令和2年4月1日現在)
                    
スポンサー名 提供雑誌名 所蔵館
(株)伊予銀行 クロワッサン 大洲
大洲観光(大洲ゴルフ倶楽部) ゴルフダイジェスト 大洲
小野硝子有限会社 E-dge 大洲
司法書士 浜田佳紀事務所 文藝春秋 大洲
(有)ダイヤスポーツ BR-PAL 大洲
肱川産業株式会社 週刊朝日 大洲
よしもとレディースクリニック ひよこクラブ 大洲
(敬称略・五十音順)

令和2年5月5日
★新しいデザインの「うちどくノート」ができました!★

詳しくは、 うちどくのページをごらんください。

令和元年度 うちどくチャレンジコンテストの最優秀賞受賞作品もご紹介しています。
併せてごらんください。
令和元年12月4日
大洲ライオンズクラブ様から寄贈していただきました!


令和元年11月20日(水)、大洲ライオンズクラブ様より、
・図書消毒機
・「新編日本古典文学全集」21冊
を、ご寄贈いただきました。
是非、ご利用ください。

 ページのトップへ
大洲市立図書館
〒795-0065 大洲市東若宮17番地5
電話:0893-59-4111 FAX:0893-59-4123